徐々に形になっていく中で、私が大切にしている「ターゲット」は誰なのかを、改めて意識することが出来ました。

セルフ鑑定ガイドブックを作る前に、一つ私の中で強くなっていったものがあります。それは、最終的に自分にとって重要なキーワードでもありました。

セルフ鑑定ガイドブックをどうして作ろうと思ったのか。 それはちょっとした「不満」の積み重ねでした。